【奈良】口コミで評判の集団学習塾をランキング形式でご紹介!中学受験や高校受験対策にも人気の塾!

学習塾に通い始める年齢はどれくらい?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/03

これから奈良県で学習塾に通学させることを考えている場合は、いろいろな情報を仕入れておいた方が良いです。通学させる場合には、基本的に小学生の場合と中学生の場合がほとんどになります。実際にはどれぐらいの年齢から通い始めるものかを知っておきましょう。これを知ることで、より合理的に学習塾を選ぶことができます。

小学生で通わせたい場合の年齢とは

奈良県に住んでいて、子供は小学生の場合いったいどのタイミングで通わせたら良いのでしょうか。年齢的に言えば一般的に小学校高学年から通わせる家庭が多いようです。

なぜそのぐらいの年齢に通わせること言えば、それは高学年になると勉強が難しくなるからです。特に算数系の勉強は分数や少数だけでなく複雑な文章題が出てきます。算数になるとしたら四捨五入が出てきてそこで多くの生徒が混乱すると言われているわけです。

このようなときに、少しでも勉強で挫折をしないように小学校4年生位から通わせる家庭が増えてきます。ただし、特に成績に問題ない場合には、小学校6年生位から通わせて問題ないでしょう。なぜなら、公立中学に行く場合、学習塾は単なる学校の補助的な役割しか果たさないからです。

中学受験をする場合はいつから通わせたら良いか

公立小学校に通っている生徒の全てが公立中学に行くことはなく、1割から2割位は私立中学に行く生徒がいます。その地域によっては異なりますが、奈良県の場合は1割前後の生徒が私立中学に行くと考えてよいでしょう。少なくとも、全員合格するわけではありませんがそれだけの割合で私立中学に行くことを希望しているわけです。

この場合に理解しておきたいのは、いつから私立中学の受験を始めたら良いかになります。受験に関しては、やはり小学校4年生位からスタートすると無理なく勉強することができるでしょう。どちらかと言えば小学校3年間は適度に遊ばせておき、4年生から少しずつ本腰を入れていくような感じです。

小学校5年生から通わせてもそれほど遅くはありませんが、さすがに6年生から通わせると遅い傾向にあります。

中学生の場合はいつから通わせるべきなのか

中学生の子供を持っている家庭は3年以内に受験しなければならないため、どのタイミングで学習塾に通わせるか気になるところでしょう。これに関しては小学校から引き続き通っている生徒がいる一方で、1年生の4月頃から通う生徒もいます。

2年生から通う生徒もいるかもしれませんが、明確な目標をその段階で持つようになった生徒や、学校の勉強についていけなくなった生徒はそれぐらいの時期から通う傾向にあるでしょう。

しかしながら、中学校3年からスタートする受験勉強を考えると中学校2年生の3学期ぐらいから通っておいた方が良いとされているわけです。何故かと言えば、少なくとも私立高校に通う場合は、3年生の1学期の内申書が非常に重要になるからです。特に推薦をもらいたい場合は、3年生の1学期と2学期の成績で推薦がもらえるかどうか決まると言ってよいでしょう。

3年生の2学期から通わせるとすれば、かなり絞り込みをしなければいけません。例えば苦手な科目のみ学習塾で習うなどを絞り込むことで、良い結果が出る可能性も少なくありません。

 

奈良県の学習塾に通う場合、小学生の場合は3年生位から通い始める生徒が多いです。ただ多くの場合6年生位から通うことになるでしょう。なぜなら中学校に入ってから勉強についていけるようにするためです。

中学生になった場合は、1年生の4月から通い始める生徒が増えます。そして次に多いのが3年生の1学期から通い始める生徒です。やはりほとんどの生徒は高校受験を経験しますので、その対策として3年生の1学期から通うようにするわけです。




サイト内検索
奈良集団学習塾ランキング!
第1位 市田塾
市田塾の画像
第2位 馬渕教室
馬渕教室の画像
第3位 KECゼミナール
KECゼミナールの画像
第4位 進学塾関西
進学塾関西の画像
第5位 類塾
類塾の画像
記事一覧