【奈良】口コミで評判の集団学習塾をランキング形式でご紹介!中学受験や高校受験対策にも人気の塾!

奈良集団学習塾ランキング!

第1位 市田塾
コストパフォーマンスと成果を両立、ハイレベル学習塾

奈良エリアにあるさまざまな学習塾に関してリサーチを行い、情報を比較検討した結果、1位となったのは桜井、八木、香芝等奈良県9カ所に自社ビルでの教室を持つ「市田塾」でした。

この市田塾は奈良県というエリアに特化した地域密着型の学習塾ですが、同エリアでの評判は大手学習塾に負けず劣らず非常に高いです。

その評判の高さの理由は、集団形式での授業に特化したハイレベルな授業内容、子どもに対してとてもまじめに向き合ってくれる講師陣のがんばり、そして、そういった真摯な姿勢で取り組んでいるにも関わらず、大手学習塾と比較すると授業料等が安く抑えられているコストパフォーマンスの良さなどが理由として挙げられます。

授業料のみならず、中学校別定期テスト対策・日曜特訓や塾内実力テストも無料で受けることができ、余計な出費をかなりカットすることができます。

塾の合格実績を優先するよりも、子どもたちが「どのような学校へ行きたいのか」ということを第一に考え、『生徒第一』をモットーとしているこの市田塾は、2019年で開校50周年。

これからもその人気の高さは衰えるところを知らなさそうです。

ポイント①
集団学習の成果が非常に高く、評判も高い
ポイント②
子どもたちに対し、同じ目線から向き合い、やる気や個性を伸ばしてくれる
ポイント③
塾通いとクラブ活動を両立することができる
ポイント④
ICカードをはじめとして、安全のための取り組みが豊富
第2位 馬渕教室
奈良県のみならず、関西全域にバツグンの知名度
おしくも2位のランクインとなったのは、株式会社ウィルウェイの運営している「馬渕教室」です。

このサイトをご覧になっていて、すでに学習塾選びを行っているという方々であれば、この教室について少なからずご存じではないでしょうか。

かつては奈良県各地に展開していた「稲田塾」です。年配の方はこちらのほうがピンとくるかもしれませんが、2012 年に馬渕教室が吸収合併しました。

関西においては、とても高い人気と知名度を誇っている教室であり、この塾に入るということ自体がある種のブランド化しているとすら言えます。

人気の秘密は、なんといってもその高い合格実績。

この学習塾は各地の難関公立高校や私立高校に毎年多くの生徒を合格し続けており、そうした実績を毎年維持し続けています。

その実績から考えて、レベルの高い教育プログラムが実践されているというのは想像に難くないでしょう。

また、大手の学習塾らしく、デジタル機器やインターネットをぞんぶんに活用したフォロー体制も充実しており、コスト等の面に目をつぶれば、利便性に関しては高い部類に入ると言えるでしょう。

ポイント①
ビデオやインターネットを活用した教育システム
ポイント②
難関学校に向けた実践的教育カリキュラム
ポイント③
教師に対しても真摯な姿勢を求めている
ポイント④
やや生徒を選ぶ傾向あり
第3位 KECゼミナール
関西において高い知名度、独自の試みで差別化を図る
中間ポイントとなる3位にランクインしたのは、「KECゼミナール」です。

奈良県を本拠としていますが、大阪においても長年学習塾として一定の存在感を示しており、駅前等好立地に教室を構えていることから、その知名度は高い部類に入ります。

近年予備校や学習塾は競争が激化傾向にあり、さらなるクオリティアップが求められるようになっています。

また、クオリティのみならず「他校がやらないような独特の試みをどれだけ実践しているか」ということも重視され続けているようです。

そうした時代の流れを受け、KECゼミナールでもいろいろなおもしろい試みが行われています。

たとえば、プロジェクターとオリジナルテキストを用い、板書に費やす時間を削減することによって授業の効率化を図る「学View」や、毎授業前の5分間を通じて簡単なディスカッションを行い、生徒たちの考える力の向上を図る「モチベーショントーク」等は、全国的な大手にもなかなか見られないユニークな取り組みといってよいでしょう。

10校という教室も多い部類であり、ランキング1位の市田塾とほぼ同じ校数となっています。

ポイント①
モチベーショントークで「考える力」を育てる
ポイント②
「学View」によって授業の効率化を目指す
ポイント③
短期集中型で夜遅くまで授業をしない
ポイント④
コストパフォーマンスに関しては気になる点も
第4位 進学塾関西
生徒たちが授業を受けやすいシステムを作っている
4位にランクインしたのは、有限会社KENが運営している「進学塾関西」です。

奈良県内と京都府に展開している学習塾であり、天理や生駒、西大和や平城など6エリアに教室を設けています。

この進学塾関西は、子どもが勉強するということにかなり重点をおいているようです。

公式HPを閲覧してみると、子どもの正しい勉強法とはいったいなにかということが、とても丁寧に解説されています。

それほど生徒数が多くないため、実績を他教室と比較した場合、それほど豊富ではありませんでしたが、その差を埋めるためなのでしょうか。

生徒が安全に、そして問題なく勉強に集中できるよう、いろいろなシステムやサービスが用意されています。

スムーズに通学するための送迎バスや、定期的な保護者面談による情報交換等は、保護者としてかなり安心できるサービスなのではないかな、と個人的には感じました。

やっぱり、学習塾は勉強を教える場としてだけでなく、ちゃんと生徒のいろいろなことを考えてくれるととてもうれしく感じますね。

ポイント①
授業研修によって、講師のクオリティ差を埋める
ポイント②
送迎バスの運行で安全な通学を
ポイント③
保護者との積極的な情報交換を実施
ポイント④
夏合宿の強制参加は気になるポイント
第5位 類塾
非常にユニークな勉強法で独特の存在感
このランキングの最後となる5位にランクインしたのは、類グループが運営している「類塾」です。

関西エリアを中心に、特に大阪では2位の馬渕教室と張り合う形で各地に展開している学習塾ではありますが、2012 年に馬渕教室が稲田塾と経営統合する形で奈良県に進出すると同時に、類塾も奈良県に教室を展開しました。

一時期駅前等で積極的に宣伝を行っていたということもあり、その知名度に関してはこのランキングで紹介した他の学習塾に勝るとも劣らないと言えそうです。

この類塾の特徴は、そのきわめて独特な勉強法です。

従来的な「詰め込み型」の教育を批判し、その一方で「自考」を中心に添えた勉強法を提唱しています。

自考とは、すなわち自分の力で考えるということ。

自分で考える力を持つということこそが「天才」を作り出す最良の方法だと考え、授業にはディスカッションの機会が積極的に設けられています。

こうした考えは業界において急進的とみなされており、「このやり方は間違っている」といった批判意見も少なくありません。

しかしそれでも、あえてこの類塾を選ぶという生徒、そして保護者の方々もおられます。

相性の合う合わないがかなり激しい塾であるとは個人的に思いますが、検討する価値自体は十分にあると言えるでしょう。

ポイント①
議論や共有の機会を設け、自分で考える力を身につけさせる
ポイント②
教育コンサルタントが勉強法や生活面をサポート
ポイント③
ガラス張りの教室で、やる気アップを促進
ポイント④
そのやり方には少なからず批判的な意見も……

よく読まれている記事

記事がありません

表示する記事はありませんでした。

受験には学習塾が必須!このサイトは集団学習塾のランキングです


中学受験、ならびに高校受験いうのは、人生にとって非常に重要なイベント

偏差値主義、学歴主義等批判は少なくありませんが、レベルの高い中学や高校に通うだけでも、さまざまなメリットを享受でき、その後の人生において、良い意味で大きな影響をもたらしてくれるのです。

そして、中学受験や高校受験というのは、決して独学やなんなくでクリアできるような甘いものではありません

近年の受験事情はさらに複雑化、そして難解化しており、ただ「頭がよい」というだけでは志望する学校へ到達することはとても難しくなっております。

だからこそ私は、学習塾の積極的な利用をおすすめいたします。

とくに私が強く推薦するのは、集団学習形式を採用している学習塾です。

これに関する詳細は後述しますが、集団形式授業の学習塾にはたくさんのメリットが存在しています。

このランキングサイトでは、奈良エリアに存在している注目度の非常に高い学習塾を5つピックアップし、独自に収集した情報を元に比較検討を行って順位づけをしました。

できれば子どもたちといっしょに閲覧をしながら、将来のための学習塾選びに役立てていただけると、制作者としてとてもうれしく思います。

我が子の入塾奮闘体験をきっかけに、学習塾の専門家へ


私は奈良県奈良市に在住している40代の主婦です。私がこのサイトを作った経緯などの詳しいお話はこちらのページ(運営者情報)に記載します。

少し前にはなりますが、高偏差値の某高校に行きたいという我が子の希望を叶えるべく、学習塾への入塾を考えました。

奈良県というのは、全国的に見ても高偏差値の高校が多数存在する激戦区

学習塾の数もとても少ないと言えるものではない状況であったのです。

当初「学習塾であればどこでもよい」と私は考えていましたが、いくつかの学習塾を見学させてもらうにつれ、その考えは大きく変化していきました。

とにかく、学習塾によって教え方、そして内容がまったく異なるのです。

非常に丁寧で、私たちでもすんなり把握できるほど分かりやすく教えてくれる講師もいれば、いかにも「この人はアルバイトだな」と分かってしまうほどレベルの低い教え方をする講師もいました。

「なるべく早めに受験に対する準備をしておきたい」という焦りもありましたが、そこはグッとこらえ、とにかく慎重な学習塾選びをこころがけました。

この選択を誤ると、結果が大きく変わってしまう気がしたからです。

個別指導形式の学習塾も調べましたが、最終的に私たちは、集団学習形式での授業を行っている地域密着型の学習塾に決定しました。

それまでに一か月以上の月日を費やしましたが、焦ってレベルの低い学習塾を選択してしまうよりは、正しいと思える決断であったと思います。

熟慮に熟慮を重ねた甲斐があり、その学習塾のクオリティはとても優れたものでした。

その授業の教え方の分かりやすさのみならず、通学の安全にも配慮してくれ、さらに生徒に対しても、まるで学校の先生のようにとても親身になってくれたのです。

思春期で悩みごとの多い我が子にとって、こうした数々の配慮は、とても大きな助けになったのではないかと今でも感謝しています。

そうして学習塾での受験対策を続けた結果、我が子はみごと第一志望の高校に合格することができました。

驚いたことに、我が子の中学校でその高校に合格したのは、わずか数名であったそうです。

もし、学習塾へ行くと決めなければ、適当な学習塾選びをしてしまっていれば、決してこうしたすばらしい結果を残すことはできなかったでしょう。

こうした経験から、私は学習塾選びというものを「人生の重要なポイント」と考えています、学習塾選びを制する者が、人生を制するといったところでしょうか。

だからこそ、このサイトをご覧になられている保護者、そしてその子どもたちにも、よりよい学習塾選びを行ってほしいのです。

奈良で集団学習に強いおすすめ学習塾情報一覧

さて、本サイトでは奈良で集団学習におすすめの学習塾を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の学習塾で、集団学習、受験対策にも力を入れている塾ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各学習塾の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
塾名市田塾馬渕教室KECゼミナール進学塾関西類塾
教室数/県内10教室16教室10教室6教室4教室
授業料/月
※学年やコース、科目によって変わるため詳細は各HP参照ください。
小学6年生中学受験コース:
\34,000

中学3年生:
\30,000
年2回の諸経費必要:
\10,000~\20,000
小学6年生中学受験コース:
\44,700

中学3年生:
\29,500
※テスト代など別途必要
小学6年生中学受験コース:
\29,600

中学3年生:
\29,600
※テスト代など別途必要
小学6年生中学受験コース:
\29,000

中学3年生:
\26,000
小学6年生中学受験コース:
\25,500

中学3年生:
\29,500
テスト対策
学校別対策を実施

直前2週間の対策授業

学校別対策を実施

学校別対策を実施

有料
自習室
空き教室次第
大学受験部にはチューター常駐

個別ブース

日曜も開講すること有り

快適な自習室

有料にて自習室のみの利用も可
クラスの人数15~20名程度20~40名程度15名程度10名程度20名程度
教育理念・生徒第一
・地域密着
最大の塾ではなく、最高の塾でありたい10年・20年先にも続く自信を育てるとことん力になろう天才を目指す
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私が徹底的に調べた中でおすすめできる学習塾を厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは教育理念に基づく講師陣の質やテスト対策の違いや特徴といったところでしょう。

また、おすすめの学習塾として、集団学習に強いのは大前提ですが、指導方法や自習室、保護者向けのサービスにも違いが見えるので、我が子の志望校や性格にあった学習塾を選び、志望校合格を目指していただければと思います。

集団形式の学習塾には、思いもよらぬメリットがあります!


わが子の学習塾選びにおいて、私たちはいわゆる多人数による「集団学習形式」の授業を行っている学習塾へ通うこととなりました。

実を言うと、最初の方は少人数形式での学習塾への通学も検討していました。

とある大手の学習塾がその形式を積極的に宣伝しており、いかにも効果があるように思えたからです。

しかし、考えた結果として、私たちは集団学習での塾の方がよりたくさんのメリットがあると判断しました。

それはいったいなぜなのか、この項目で解説していきましょう。

まず第一に、集団学習形式での授業は、適度な緊張感が保たれるということです。

よく、「少人数形式の授業は学習効果が高い」と宣伝されていますが、それは一面であり、デメリットに関してはあまり宣伝されません(宣伝なのだから当然ではありますが)。

実を言うと、少人数形式での授業というのは講師との距離があまりにも近すぎて、いわゆる「なれ合い」状態となり、緊張感が保たれないのです。

一度なれ合い状態が発生してしまえば、たとえば生徒がミスをしても「まあいいか」で済ましたりなどして、学習塾本来の目的である「成績の向上」が難しくなってしまうのです。

事実、たとえば個人経営の学習塾は1対1の形式になっているところが少なくありませんが、決して高い効果を挙げられているとは言えません。

その点、集団学習形式での授業は大人数である分、適度な緊張感が常に保たれています。

ピンと適切な調子で糸が張り詰めている状態が継続されているからこそ、高い学習効果が期待できるのです。

また、仲間といっしょに授業を受けられるという点も大きいでしょう。

これは少人数形式での授業でも言えることかもしれませんが、それに比べると集団形式での授業の方が、圧倒的にその数は多いはずです。

切磋琢磨し合うライバルであり、共に分かち合える友人がたくさんいればいるほど、やる気につなげることができます。

とくに、多感な小学校、中学校時代の子どもであれば、なおさらです。

こうしたことによるモチベーションアップという点は決してバカにできないもので、それだけでも成績に大きな差が生じる可能性もあります。

その他にも、適切な進行での授業カリキュラムの受けやすさ、コストパフォーマンスの高さ等、集団形式での授業はさまざまなメリットを有しています。

決して宣伝ばかりに踊らされるのではなく、ご自身とお子様でしっかりそのメリットデメリットを把握した上で、授業スタイルを選ぶようにしましょう。

実績だけで見てはいけない、学習塾の選び方

学習塾を選ぶ際、その「実績」だけで判断を行うといった方が意外に多いようです。

ここでいう実績というのはたとえば塾の前に張り付けられている「今年は〇〇高に〇名合格!」といったようなもので、確かに「たくさんの合格者が出ているのだから安心!」といった気持ちになっても不思議ではありません。

しかし、この点に関しては注意を払った方がよいでしょう。

なぜならばこの実績の数値には、ちょっとしたトリックが隠されている場合があるからです。

まず、もっとも注意すべき点は、合格者数ばかりが誇示され、受験者数が隠されているパターンです。

塾によっては生徒全員に特定の高校を半ば強制的に受験させ(本人の意志に関わらず)、受かった人数だけを書くということが少なくないのです。

たとえば「□□校に10名合格!」としていても、本当は100人受験して90人落ちているかもしれません。

そうなると、実績としては信頼しがたいものとなってしまいますが、「数打てば当たる」的なことが実際に行われているのです。

さらにもっと悪質なパターンとして、期間限定で開講される特別講座にのみ参加し、学習塾自体の定期利用は行っていない子どもを「生徒数」に含め、合格した場合のみ数に加えるということを行っている学習塾もどうやら存在しているようです。

学習塾に限らず、何かしらのものごとを決めるにあたって、数字による実績は大きな判断材料となります。

しかし、その数字を誤魔化す何かしらのトリックが使われていないかどうかを、我々は慎重に判断する必要があるのです。

実際に気になる塾に赴き、「何名受けての合格ですか?」と合格者数ではなく、「合格率」を聞いてみるといいかもしれませんね。

 

記事一覧

学習塾に通えば、それで成績が必ずしも上がるという事が確約されているわけではありません。 同じ学習塾に通っても、 ・・・[続きを読む]
中学校の成績や卒業後に希望する進路に合わせて学習塾に通うのが、効率的に学力を高めるための基本です。 無料体験授 ・・・[続きを読む]
奈良県は京阪神地区と交通アクセスが良好なので、関西地方にある大学を志望する高校生が多いです。 奈良県内の高校生 ・・・[続きを読む]
親は子供に勉強をメインで頑張ってほしくても、本人は部活を優先したいということは珍しくありません。 そこで勉強に ・・・[続きを読む]
高校受験や大学受験のために、子供を学習塾に通わせる人も多いです。 そして、奈良にも利用しやすい塾がたくさんあり ・・・[続きを読む]