【奈良県】口コミで評判の集団学習塾をランキング形式でご紹介!中学受験や高校受験対策にも人気の塾!

学習塾のトータル費用解説!月謝は進路によって異なる

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/01/26


奈良は全国的にみても、学習レベルが高い地域として非常に有名です。それは東京大学や京都大学に高い合格率を誇る進学校も多数見受けられるのです。全国から地域の秀才といわれる子どもたちが奈良の学校に進学を目指しやって来ます。そのため奈良は学習塾も競争が激しく、指導法にさまざまな特色の見られる実績ある塾も多く存在しているのです。

中学校での学習と高校受験について

日本では中学校までは、公立中学校に通う傾向が多いです。それは私学の中学に通うと、月謝などが高くサラリーマン家庭では生活が圧迫されるからです。奈良の公立中学校は全国的にみてもレベルが高く、風紀も乱れていないので安心して通わせることができます。

多くの家庭で問題になるのが高校受験と進学です。奈良の高校は私立も公立も偏差値や競争率が高く、それなりに準備しておかないとこうしたレベルの高校へ進学できなくなるのです。中学校での学習もきちんとついて行けないと、通信簿の評点を高いレベルで維持できなくなります。

評定が3.5以下になると、希望する高校へ受験することさえ難しくなるケースがあります。中学生にとって学校での学習をきちんと習得し、一定のレベルを維持するとともに、希望する高校受験の対策を講じることが大事だといえます。奈良はレベルが高い学区だけに、中学一年生から日々しっかりと学習し、高校受験に向けた対策が必要不可欠です。

東京大学などトップの大学を目指すには

将来的に東京大学や京都大学といった日本でトップクラスの大学進学を希望するのであれば、高校選びや高校受験をおろそかにできません。その時点でトップの大学進学への競争が始まっていると捉えるべきでしょう。

まずそれには、奈良の進学校である西大和学園にするのか、東大寺学園にするのか志望校をさだめなければいけません。中学校一年の時点できちんと目標を定めておかないと、受験対策で合格できる高校ではないからです。公立中学校の学習だけではこうした進学校の合格を手にできません。そのためできるだけ早く進学校の受験に特化した学習塾を選ぶことが大事です。

また子どもがどういった性格か、学習レベルはどれくらいであるのかといったとも親は充分把握して学習塾選びをする必要があります。大人数の塾で競争原理があった方が勉強を頑張れる子どもであれば大人数制の大手学習塾を、自分のペースで着実に習熟度を増し徹底した学習管理が必要なのであれば少人数制や個別学習塾を選択する必要があります。

それぞれの学習塾の月謝や費用について

学習塾選びと同時に考えなければいけないのが、塾の月謝や費用です。決して安い費用ではなく、親もそれなりに覚悟し、準備する必要があります。月謝はその塾が個人経営か大手なのか、個別指導か大人数制なのか、通学頻度や塾講師のクオリティ、進学校への合格実績や合格率など複合的な要素によって変動します。

一般的には高校受験を視野に入れた指導ではひと月1万円から1万5千円が月謝の相場といわれています。しかし西大和学園や東大寺学園などトップクラスの進学校となると、さらに多くの費用が掛かることを心得なければいけません。

一般的な高校受験対策の塾の年間費用が30万前後から60万前後だとすると、進学校の特別講座を考慮するとさらに60万から100万程度の費用がかかることがあります。塾講師も東大卒の特別講師を招集し、マンツーマンの手厚い相談や指導体制を整えたり、教材なども進学校受験に特化した特別な教材を使います。模試なども頻繁に受ける事になるので必然的に費用は高くなるのです。

 

奈良は学習レベルが高い学区です。それに伴い学習塾も豊富です。東大や京大を目指すのであれば学習塾選びも大事であり、東大合格率が高い進学校を受験し進学する必要があります。そのためには中学一年から進学校に特化した学習塾を選択し、高校受験対策を早く講じるべきです。またそれにともなう塾の費用も覚悟しなければいけません。進学校を目指すと塾の費用も必然的に高くなります。

サイト内検索
奈良県集団学習塾ランキング!
第1位 京進
第2位 馬渕教室
馬渕教室の画像
第3位 KECゼミナール
KECゼミナールの画像
第4位 進学塾関西
進学塾関西の画像
第5位 類塾
類塾の画像
記事一覧