【奈良県】口コミで評判の集団学習塾をランキング形式でご紹介!中学受験や高校受験対策にも人気の塾をまとめました!

学習塾で早めに受験対策!奈良の難関高校一覧と特徴を解説

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/01/26


奈良は全国的にみても、最も教育レベルが高い地域として有名です。奈良の進学校だけをみると、東京への進学率が日本一とわかっています。そのため地域の子どもだけではなく、全国から秀才ともいわれる子どもたちが厳しい選抜を経て奈良の高校に進学します。奈良には、進学校に特化したカリキュラムを持った学習塾も非常に多いのです。

奈良の難関校一覧のトップについて

奈良の難関校トップ2には、東大と京大の進学率が非常に高い高校が君臨しています。その2つの高校の成績だけで、東大と京大の進学率は日本で一番となっています。難関校一覧のトップを飾るのが西大和学園です。かつては灘高よりもレベルは低く、東京大学の進学率も今一つでした。

しかし今では西大和学園が関西エリアにおけるナンバーワンの進学校であり、東京大学、京都大学の進学率もトップとなっています。かつて男子校だったのですが、近年男女共学になり女子においてもトップの進学校となっています。

カリキュラムが豊富であり、授業時間も長い特徴があります。課題や宿題が非常に多く、それをこなすだけでも夜遅くまで勉強しないといけないようになっています。その課題も東大や京大受験を意識したものであり、生徒によっては課題をこなすだけで東京大学の合格を手に入れることができる人もいます。

勉強だけに特化せず、イベントも多いのが魅力的な高校です。富士山登頂や短期留学、ホームステイなどもあります。

進学校トップクラスの学校の特徴

奈良の難関高校トップ2に君臨するのが、東大寺学園です。進学校として長い伝統と実績があり、灘高校とともにいつの時代にも注目を集めてきた高校です。今は西大和学園にトップの座を奪われていますが、東大と京大の進学率は日本でもトップクラスで、全国からこの学校を目指してきます。

西大和学園とは相反して、自由な校風が特徴的です。制服も決まりがなく、厳しい校則もありません。生徒自身が自覚を持ち、自主性に任せた教育方針を実践しつつも、東大などの難関大学の高い合格率を実現しています。

しかしそれにはからくりがあります。東大寺学園は中学受験の際にすでに厳しい選抜をされ、学生の能力レベルが一定レベルに保たれているのです。とくに中高6年一貫教育を東大寺学園も西大和学園も導入しており、すでに中学の時点で秀才といわれるレベルの子どもたちが中学からの徹底した東大対策のカリキュラムを実践することにより、高い確率で東大に必然的に進学できるようになっています。

高校から難関校受験には学習塾のサポート

東大や京大を目指す子どもたちはすでに小学校から中学受験をし、すでに三年それなりのレベルの学習を実践し高いレベルにまで達しています。こうした子どもたちの間に、高校受験で受験し介入することは並大抵の努力では実現できません。

西大和学園も、東大寺学園も高校受験は非常に高いレベルが求められ、それなりの偏差値に達していることが必要絶対条件になります。そのためには中学の一年生の段階から学習塾に通い、こうした進学校に特化した受験勉強を行う必要があります。

それには高い合格率を誇る塾を選択することが大事です。学習塾を選択する際にも口コミ評価や比較サイトによく目を通して熟慮し、選ぶことが求められます。合格率のほか、どういった規模の塾なのかを把握することも大事です。

大規模で競争原理が働きやすかったり、講師陣が充実しているなどもよく見極めなければいけません。オンラインやサテライト授業もあると、家庭でも高いレベルの授業が期待でき、合格率を高めてくれます。

 

奈良には進学校と呼ばれる難関校があり、トップは東大などに高い進学実績があります。こうした学校に高校受験するには、レベルの高いカリキュラムの充実した学習塾選びが大事です。それには口コミサイトを参考にすることも大事です。

サイト内検索
奈良県集団学習塾ランキング!
第1位 京進
第2位 馬渕教室
馬渕教室の画像
第3位 KECゼミナール
KECゼミナールの画像
第4位 進学塾関西
進学塾関西の画像
第5位 類塾
類塾の画像
記事一覧