【奈良】口コミで評判の集団学習塾をランキング形式でご紹介!中学受験や高校受験対策にも人気の塾!

奈良の高校生向けの学習塾を選ぶ際のポイント!

奈良県は京阪神地区と交通アクセスが良好なので、関西地方にある大学を志望する高校生が多いです。

奈良県内の高校生で大学進学を予定している人は、学習塾を利用して志望校合格のために受験対策をすることができます。

奈良県内には準大手から個人経営まで非常に多くの学習塾がありますが、子供に合った塾の選び方をご紹介します。

奈良県内の高校生の進学事情とは

奈良県は京都府・大阪府・和歌山県・三重県の4府県に隣接していますが、交通アクセスが便利な京都府と大阪府とのつながりが深いという特徴があります。

京都府や大阪府を経由すれば、隣接していない滋賀県や兵庫県も短時間で移動ができます。

このため、高校生の進学先として県内にある大学か、同じ関西圏である京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県にある大学が人気を集めています。

県内の高校に通う生徒であれば京都大学や大阪大学は難易度が高すぎて敬遠されますが、奈良女子大学・大阪府立大学・大阪市立大学・京都府立大学・京都工芸繊維大学などの大学を志望する人が多いようです。

県内の自宅から関西圏の国公立大学に通学をすると学費や生活費の負担が軽くて済むので、アルバイトをせずに勉強やスポーツに集中することができるというメリットがあります。

関西圏では京大や阪大以外の国立大学や公立大学を第一志望にする高校生が非常に多いのですが、これらの大学も全国的に見ると難易度が高い部類に入ります。

そのため、公立高校に通う生徒であれば進学塾や予備校を利用して受験対策をする必要があります。

奈良県内にある学習塾の特徴と選び方のポイント

奈良県内にある高校生向けの学習塾には個人経営の小規模な学習塾に加えて、多くの校舎を持つ準大手の教室があります。

準大手の学習塾のほとんどは、完全個別指導または2~3人の少人数制の授業が行われます。

高校1~2年の間は基礎的な学力を身につける必要があるので、地元にある個別または少人数指導型の学習塾を活用することができます。

高校3年生であれば、志望校に応じて塾や予備校を選ぶことがポイントです。

難易度が高くない関西地区の私立大学を志望する生徒であれば、地元にある学習塾を利用して受験対策をすることができるでしょう。

入試難易度が高い国公立大学や関西圏以外の地方にある難関大学を志望する場合は地元にある難関大学向けの個別指導専門の学習塾か、大阪や京都にある大手予備校の高校生向けのコースを受講する方が良いでしょう。

大手予備校の授業は少人数指導ではないので学費は低めですが、難易度の高い国公立大学の受験対策に強いという特徴があります。

難易度の高い関西地区の国公立大学や一部の難関私立大学を目指す場合には、京都や大阪にある大手予備校を利用すると学費を低く抑えることができます。

医学部や他の地方の有名大学を志望する場合の受験対策方法とは

医学部は他の学部よりも偏差値が高いので、しっかりと受験対策をしなければなりません。

医学部を設置している大学には地元の奈良県立医科大学の他にも、京都府立医科大学・大阪市立大学・神戸大学・滋賀医科大学などがあります。

いずれの大学も人気が高く、入試の難易度が非常に高いです。

医学部合格を目指す場合には準大手の完全個別指導型の塾か、医学部対策を専門とする予備校の高校生向けコースを利用する必要があります。

奈良県内にある準大手の個別指導専門の学習塾では、医学部向けの受験指導が受けられるので、志望校が関西圏の私立大学や公立大学であれば地元にある塾を利用することができます。

これに対して旧帝大の医学部を目指す場合は、大阪や神戸にある医学部進学を専門とする塾や予備校を利用する必要があります。

首都圏などのように関西地方以外にある有名大学を志望する場合も、地元の準大手の学習塾よりも京都や大阪にある大手予備校を利用した方が良いでしょう。

個人経営や準大手の進学教室は関西圏の大学には強いのですが、他の地方の大学は弱い面があるからです。