【奈良県】口コミで評判の集団学習塾をランキング形式でご紹介!中学受験や高校受験対策にも人気の塾をまとめました!

能開センターの口コミや評判

能開センターの画像
学生の皆さんにとって「受験」は初めて自分で進学先を真剣に考え勉強をするという、自分の意志と学習を継続する力が必要な関門です。また、受験生のお子さんを持つ保護者の方も精神的なサポートが必要になる大変なイベントになります。そのようなときに学習塾や予備校は、学校だけでは不足する学習や進路相談などを行ってくれるとても頼りになる存在です。今回はそんな方におすすめな学習塾「能開センター」を詳しく解説します。

能開センターって?強みと特徴

まず能開センターがどのような学習塾なのかの説明と特徴をご紹介していきます。能開センターの教育理念は「志を高く持ち、自ら学び、自ら考え、自らの判断で行動できる人物の育成」です。子供たちの未来のために今すべきことを考え、難しい現代社会で生き抜いていく力を身に着ける教育を行う塾です。能開センターが重要視していることは、受験のみを重要視した教育にはならないことです。第一志望の合格を目指して教育を行うことはもちろんですが、社会人として巣立った後に必要となる「人間力」の養成までに目を向けた教育方針を取っているのが能開センターの強みです。ここで能開センターの指導に関して他とは違う特徴を2点ご紹介します。まず1つ目に「フロント指導」です。このフロント指導というのは、玄関で子どもたちを出迎えることを言います。能開センターは子供たちの学力向上のみに目を向けるのではなく、あいさつの声の調子、表情にまで気にかけ、その段階から指導が始まっています。続いて2つ目に「ホームルーム」です。能開センターでは授業前に暮らす担当者によってホームルームが実施されています。ホームルーム中の話題は受験に関する心構えのようなときもあれば、最近話題の科学ニュースや家族とのコミュニケーションなどとても幅広く扱われています。このように生徒が興味を引きやすい話題を持ってくることによって、子供たちのやる気と集中力を引き出しているようです。能開センターには、限られた時間内で学習効率を上げるためのきめ細やかな指導が見られます。

能開センターのカリキュラム・指導内容って?

能開センターの画像

能開センターには生徒一人ひとりにあったレベルや内容の講座が豊富に準備されています。能開センターの6つのコースをご紹介していきます。
まず1つ目に「中学受験コース(小学生)」です。こちらは難関国私立・公立一貫校への受験を目的としたコースになります。また、中学受験が終了した後にも伸び続ける実力を養うコースです。受験の基礎から応用となる学力までを身に着ける通常授業のゼミと、各県の入試形態に対応し個人の学習目的に合わせた講座の特設ゼミ、そして春期・夏期・冬期の講習会からなります。また、週単位、月単位でテストや模試も実施されています。
続いて2つ目に「中学受験コース(近畿中学受験部門)」です。こちらは、近畿圏の私立・難関公立中学の受験に特化したコースになります。先ほど同様受験後も伸び続けるような教育カリキュラムになっています。通常授業のゼミは基礎や基本を重視し応用内容の準備である学習内容の受験総合講座(各校実施)と、公開模試や到達度判定テストの結果による資格制で上限問題にも挑戦するハイレベルな内容となる特訓系講座(集結型実施)の2つに分かれています。また、春期・夏期・冬期の講習会も日々の復習を中心に実施されています。さらに、ハイレベル/志望校別テストも実施されています。
3つ目に「高校受験準備コース(小学生)」があります。こちらは将来高校受験を視野に入れている小学生が、中学受験後も学内で成績上位を維持することを目的とするコースです。算数・国語・英語を中心とした学習に加え、中学入学後に学習内容のレベル上がっても対応できるようにノート指導にも力を入れている本科ゼミ、各県の入試事情に合わせた柔軟な内容となっている特設ゼミがあります。さらに日々の復習を中心とした春期・夏期・冬期の講習会も実施されています。日常的なテストに加え、各県模試や全国一斉テストなども準備されています。
続いて4つ目に「高校受験コース(中学生)」です。こちらは、公立トップ校・難関国私立校入試の突破を目指して確実な基礎力と柔軟な応用力をつけることを目的とするコースです。基礎力の向上を目的として学力レベルと志望校レベルに基づいたクラス編成となっている本科ゼミと、各県の入試に対応しワンランク上の実力の定着を目的とする特設ゼミがあります。また、本科ゼミの内容を確実に定着させ新単元も身に着けられる内容になっている春期・夏期・冬期の講習会も実施されています。定期的に到達度テストや駿台模試等の外部模試も活用されています。
また、5つ目に「大学受験準備コース(中高一貫)」があります。このコースは高2で学校のカリキュラムが終了します。学習進度が速い中高一貫校に通う生徒向けに開講されています。志望大学合格を視野に入れ学校での上位成績を目指す基幹講座のゼミは効率的に受験準備ができるよう作られています。また、春期・夏期・冬期には講習会が準備されておりゼミと連動しているため、両方受講することで効率的に学習できる内容が実施されています。
最後6つ目に「大学受験コース」です。こちらは個人に最適な学習スタイルを組み合わせて第一志望合格を目指すコースです。大学受験で致命的になる暗記に頼った状態にならないような本質的な理解を大切にした教育が行われているゼミと、春期・夏期・冬期の講習会で全国の大学に対応した内容が実施されています。また、スーパー講師が行う講座を配信によって受講できル映像ゼミなども準備されています。

能開センターの合格実績

能開センターの画像

では能開センターの2021年度の合格実績はどのようなものなのでしょうか。中学受験では灘中10名、函館ラ・サール中38名、高校受験では灘高校5名、開成高校2名、大学受験では東京大学22名、京都大学27名、国公立大医学部医学科77名と非常に輝かしい実績となっています。そのほか詳しい合格実績は能開センターの公式ホームページに掲載されているため、一度ご覧になってみてください!

能開センターの料金は?

能開センターの画像

能開センターの講座の料金はどのくらいなのでしょうか。受講講座の学年やレベル、内容によってそれぞれ料金は異なっています。また、公式ホームページには各講座の料金は公開されていません。そのため、能開センター講座の料金が気になる方は、公式ホームページから資料請求をして確認してみることをおすすめします。

まとめ

今回は中学受験、高校受験、大学受験と幅広く、そして合格だけではなくその先の社会に出てからの人間力にまで考えた教育を行う「能開センター」について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。受験勉強で学力をつけて合格することはとても大切なことです。しかし、合格がゴールではありません。能開センターはそのことを強く意識したカリキュラムとなっていました。長期的な学力の育成と人間力の育成を意識した豊富なカリキュラムがあるので、きっとあなたにぴったりのコース・講座があるはずです。今回の内容を参考に能開センターへの入塾を一度検討してみてはどうでしょうか。

サイト内検索
奈良県集団学習塾ランキング!
第1位 京進
第2位 馬渕教室
馬渕教室の画像
第3位 KECゼミナール
KECゼミナールの画像
第4位 進学塾関西
進学塾関西の画像
第5位 類塾
類塾の画像
記事一覧